カワゴ平パミス層
カワゴ平パミス層の写真 カワゴ平の地図

 伊豆市湯ヶ島と筏場を結ぶ国士越には、天城火山の側火口「カワゴ平」から噴出した石英安山岩質降下軽石(パミス)が層厚約50cm堆積している。本層を肉眼観察できる数少ない地点の一つである。本露頭では白色のパミスのほかに、灰色の角ばった黒曜石片が多数混在する。検鏡下では、火山ガラスの付着した斜方輝石・普通角セン石・磁鉄鉱・斜長石などが認められる。噴出時期は約3,100年前。縄文時代後期の遺物を覆い、晩期の遺物に覆われる。分布範囲は静岡県全域に及び、良い鍵層である。カワゴ平パミスは鉢植用土に適し、盗掘が絶えない。本露頭もシャベルカーで削られ後退している。
(増島淳)