ふくろう星雲 (M97) NGC3587
ふくろう星雲の画像
種類 惑星状星雲
星座 おおぐま座
赤経 11h14.8m
赤緯 +55°01'
視直径 3.4'x3.4'
視等級 +9.9
距離 2,600光年

・ 辺りの星図 ・
撮影 今村
 撮影場所 浜松市中区 西遠女子学園
 2007年4月28日
 FCT100(f460mmF4.6)
 BJ-41L冷却CCDカメラ 冷却温度 −5℃
 露出:L=3分x15 R=3分x5 G=3分x4
     B=3分x4枚 合計露出84分

 おおぐま座の北斗七星の近くにある。丸い光の中に目玉を連想させる2つの暗い部分があって、ふくろうの顔のように見えることから、ロス卿によって「ふくろう星雲」と名づけられた惑星状星雲。M108(銀河)とわずか0.8゚しか離れていないので、低倍率では同じ視野で観察できる。
(最新デジタル宇宙大百科アストロアーツ2005年4月11日発行より)