三岳道路沿いの石灰岩
三岳道路沿いの石灰岩の写真
三岳の地図

(国土地理院 1:25,000 伊平)

 国道257号線の井伊谷交差点を東に進むと三岳に至る.三岳の標高200m付近は蜜柑畑などに利用され,畑の中に小規模で多数の石灰岩が点在している.道路工事にともない,石灰岩の一部が露頭として現れた.この露頭の石灰岩も周辺地域と同様に灰色で,白色の脈が多く見られる.新鮮な石灰岩の隙間を風化した赤褐色土壌が埋めている様子は分かりやすく,観察に適した良好な露頭である.しかし,年月とともに植物などに覆われ,次第に観察が困難になってきている.なお,三岳集落と立須の間は石灰岩の露頭が断続的ながらよく続いている.一方,三岳集落と谷下の間は石灰岩が見あたらない.

(加藤国雄)